ED治療薬にかかる費用はいくらぐらいなのか?

費用

それでは、ED治療薬を使用するにあたって、かかってくる費用はどの程度のものでしょうか。
ED治療薬の1回分の費用としては、1錠あたり1500円~2000円程度かかります。
週に2回、夜の営みが合った場合、3000円~4000円の費用がかかります。
それが1ヶ月では4週となるので、12000円~16000円の費用がかかります。
毎月15000円前後のコストが掛かるとなると、1年では180000円もかかってしまいます。
塵も積もればなんとやらで、こうなってくると馬鹿に出来ない金額になってきます。
そこで、上手にED治療薬を安く購入する方法をご紹介いたしましょう。

ED治療薬を安く購入する方法
ED治療薬を日本国内で入手する為には、2つの方法があります。
病院を受診して、医師に処方せんをもらい調剤薬局で購入する方法。
個人輸入代行を利用して、海外から購入する方法。
両方を使用する事で、安全性を高めて安く購入する方法。

 

①は、日本ではごく一般的な入手方法で、内科や泌尿器科など様々な病院で処方が可能です。
ED治療薬は保険適応外なので、基本的に全て自分で負担しなければなりません。
病院のメリットとしては、医師にED治療薬を服用しても大丈夫かどうか、しっかりと判断していただける為、費用は高めですが安心して使用できます。

 

②こちらは、海外で使用されている医薬品を、個人で使用する目的で輸入する事です。
個人輸入代行を利用して海外医薬品を輸入する場合、処方せん不要で購入する事が可能です。
また、海外では日本よりもジェネリック医薬品の需要が高い為、薬の値段が安いジェネリック薬の開発が進んでいます。
こういったジェネリック薬を購入する事で、同様の効果を持つ医薬品を安く購入する事が出来るのです。

 

③まずは、病院に行って診察を受けます。
そこで、医師から欲しい薬の知識などを学び、問題なく使用する事が出来るかどうかを判断してもらいます。
医師に薬を処方してもらった後、実際に薬を使用する事で、安全性を高く薬を使用する事が可能です。
その後、同成分のジェネリック医薬品を個人輸入代行を利用して購入します。
病院より安い価格で購入する事が可能で、一度医師から処方されて使用しているので、その薬に対して問題ないかどうかの判断が可能です。
安全性の高まった医薬品を値段を抑えて購入する事が可能となり、薬代の節約が可能となります。
上手に個人輸入代行を利用すれば、病院だけでは得られないメリットがあるでしょう。